最小限の切削・審美性にこだわったダイレクトボンディングの症例|東京駅前の歯医者|歯のクリニック東京

新型コロナウイルス対策について

インプラント認定医

極力歯を抜かない治療

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

当院は自由診療専門の歯科医院です。また、診療内容についての電話での問い合わせは誤解を招く可能性があるため、ご遠慮ください。

最小限の切削・審美性にこだわったダイレクトボンディングの症例

最小限の切削・審美性にこだわったダイレクトボンディングの症例

①虫歯感染歯質の特定

サンプルイメージ

少し黒いのが虫歯です。虫歯の取り残しや最小限の切削の為に全て顕微鏡を用い拡大下にて治療を行います。

②精密な切削処置

精密な切削処置

表面の歯を削ると、黒い虫歯が見えてきました。唾液からの感染防止や接着性を高めるため、ラバーダムという膜(青)で、当該歯を隔離した状態で治療を行います。

③ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

虫歯感染歯質を取り残しなく、切削した後、歯と同じ色の樹脂を用いて歯の形態を修復していきます。

治療完了

治療完了今回、治療した(赤線)箇所は段差がなく綺麗に適合しています。

以前、他院にて治療した真ん中の歯は同じような材料で修復してありますが、段差による適合性の低下によって、炎症が起こり、歯周病になっています。さらに、歯の内部にも虫歯が広がっている状態です。

治療後の虫歯、歯周病リスクを減らすためには、しっかりと虫歯を最小限の切削でとる事。再発リスクを軽減する下処理。審美的で段差のない表面の修復がとても重要です。

治療期間 1日
治療回数 1回
治療費 110,000円(税込)
リスク・注意点 治療する場所によっては適応できない場合がございます。
過度な力が加わると破損する場合がございます。

この症例の担当者のご紹介

トップへ戻る