低侵襲なダイレクトボンディングで再発虫歯を治療した症例|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

新型コロナウイルス対策について

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更致しました。

インプラント認定医

極力歯を抜かない治療

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

診療内容についての電話での問い合わせは誤解を招く可能性があるため、ご遠慮ください。

低侵襲なダイレクトボンディングで再発虫歯を治療した症例

再発した虫歯をダイレクトボンディングで修復した症例

ダイレクトボンディングによる修復症例

こちらの患者さまは、矢印の部分が虫歯になっていました。過去に治した歯ですが、土台の歯と詰め物に段差があり、再度虫歯になってしまったようです。

虫歯や歯周病の発生をなくす1番のポイントは、詰め物やかぶせ物と自分の歯との間に段差や隙間をつくらない事です。そして、もう一つのポイントは無菌環境下で治療を行うということです。

虫歯治療は細菌除去治療です。誰が考えても細菌がいっぱいの唾液や血液のなかで無菌治療ができる訳がありません。つまり細菌が除去しきれていない上に段差や隙間も多い。…保険治療の歯の生存率が低い理由です。

精度の低い治療しかし自費だからよいわけではありません。

自費の中には、こちらの写真のように表からみると白い材質で見た目はよく、痛みもないので問題ないと思われることが多くあります。

ですが、実際は治療の質が悪いために詰め物と歯の間に矢印のような段差ができてしまっており、精度(歯の持ち)は保険と変わらないものも散見されます。ちなみにこちらの歯も中が虫歯、直下は歯周病になっていました。

医療人として良識あるドクターは見た目と精度の両方を追求します。そのためには、非常に計画的で精密な技術を必要とします。

そこで今回はラバーダム(ブルーのゴムシート)で唾液や出血から治療歯を隔離した無菌環境下にて、すべての治療をマイクロスコープを用いて必要最小限に虫歯を除去し、ハイブリッドセラミックス等で段差や隙間を作らないように修復する計画をたてました。

ダイレクトボンディングによる修復症例

ダイレクトボンディングによる修復症例

過去の治療で段差ができてしまっています。これが今回虫歯が再発した原因でしょう。

ダイレクトボンディングによる修復症例

際のところまでしっかり虫歯除去が完了しました。

ダイレクトボンディングによる修復症例

(矢印)隣の歯に接着剤がつかないようにガードしています。

ダイレクトボンディングによる修復症例

虫歯や歯周病の発生を抑える1番のポイントである詰め物と自分の歯との間に段差や隙間をつくらないため、ゴム(矢印)でしっかり歯に透明フィルムを押し当て、隙間をなくした状態で歯と同色の材料を充填していきます。

ダイレクトボンディングによる修復症例

そして最後に虫歯や歯周病の発症をなくすため、様々な器具を用いて研磨し、段差や隙間を徹底的に除去していきます。研磨をしてもしなくても患者さまには絶対にわかりません。でも医療としてそこが一番重要なのです。わかっていただかなくても手を抜かない。いつか何となく…先生のやってくれた歯は長持ちしてるかもなーと気付いてほしいですが。これが私の価値です。

▼治療完了

ダイレクトボンディングによる修復症例

今回直した箇所は段差や隙間がなくスムースです。これが今後の虫歯、歯周病リスクを減らすのにとても重要です。こうなるとあとは患者さまの努力次第で歯は長期に存続可能です。

▼悪い例

精度の低い治療

一方【悪い例】では同じような材料で修復してありますが、段差が顕著ですね。これにより常に炎症が起こり、歯周病になっています。また内部は虫歯になっています。

このように、しっかり虫歯を最小限の切削でとる事。再発しないような下処理。審美的で段差のない表面の修復が大事です。

年齢・性別 ○○女性
治療期間 1日
治療回数 1回
治療費 110,000円(税込)
リスク 再度虫歯になることがある。

この症例の担当者のご紹介

トップへ戻る