精密根管治療|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更し致しました。

インプラント認定医

日本矯正歯科学会 認定医

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

精密根管治療

このページの目次

天然歯の抜歯回避にこだわった『精密歯内療法(根管治療)』

精密根管治療

歯のクリニック東京のモットーは、患者様の天然の歯を可能な限り残し、維持して頂く事です。そのため、抜歯の原因とされる重度虫歯、歯周病などに関して日々研究、技術の研鑽に取り組んでおります。その中でも特に、歯の内部にまで進行した重度の虫歯、歯根破折(歯の根っこの割れやひび)、根尖病変(歯根の先に膿が溜まる症状)に対して行う歯内療法(根管治療・歯の根の治療)にこだわりを持っています。基本を忠実に守り、確かな技術と精密機器を用いて、精度の高い治療を実現しています。東京八重洲・京橋で根管治療をご検討中の方はぜひ最後まで閲覧下さい。

根管治療ってどういう治療??

根管治療歯の内部には、歯の健康を維持するために重要な血管や神経が存在します。この神経や血管が収まる場所を歯髄(しずい)と呼び、この歯髄が通っている細い管が根管になります。

虫歯が進行してこの歯髄にまで感染が広がった場合に、必要となるのが根管治療なのです。根管治療は、感染した歯髄を取り除き、根管内部を殺菌して歯髄があった空洞にお薬を詰めて密封します。

根管内部は、暗くて狭い上に形状も様々ですので、的確な処置が求められます。

再発率の低い根管治療には歯科医院選びが重要

根管治療は、根管治療専用の医療器具や専門の歯科医師が存在するほど歯科業界においても力を入れている分野で、再発率が極めて高く、最も難しいとされる治療の一つです。根管治療における再発率は、将来の抜歯リスクと深く関係しているため、歯を残すためには精度の高い治療が受診できる技術、経験、設備が整った歯科医院選びが重要です。

根管治療に精通した歯科医師による精度の高い治療

精度の高い治療

歯のクリニック東京では、これまでさまざまな症例に対して、精度の高い根管治療を実施してきた歯内療法(根管治療)のスペシャリストが治療を担当致します。根管治療の精度向上に欠かせない歯科顕微鏡の扱いに長け、日々先進技術と知識の研究、研鑽に努めております。精度の高い根管治療をお探しの方はぜひ、ご相談下さい。

再発率を抑えた精度の高い根管治療を可能にするポイント

マイクロスコープで患部の可視化

マイクロスコープ

歯のクリニック東京では、狭くて暗い根管内部の処置には「マイクロスコープ」を用いて、目でしっかり確認を行いながら治療を進めています。肉眼のおよそ30倍もの拡大視野にできますので、精度の高い繊細な処置が可能となります。細菌物質や汚染状況の確認をはじめ、根管内部のひびや破折、見落としがちな小さな根管などの発見にも効果を発揮し、徹底した処置を実現します。

歯科用CTで事前把握

歯科用CT

患者様ごとに根管の数や形状が異なる事も、根管治療の難易度を上げる要因です。マイクロスコープやレントゲンをもってしても、確認出来ない病巣なども存在するため注意が必要です。こういったリスク対して当院では、事前に歯科用CTでの精密検査を実施して、発見困難な病巣や枝分かれした根管などの発見に努め、精度の高い処置に取り組んでおります。

ラバーダムによる無菌化への徹底

ラバーダム

根管治療は、根管内部の細菌感染物質を除去して無菌化する事で症状の改善を図る方法ですが、お口の中や唾液には細菌が多数存在しますので、処置をしながら、無菌状態を維持する事は非常に困難となります。そのため、当院ではラバーダムというシートを使用して唾液や口腔内から歯を隔離し、無菌化の精度を上げています。

マイクロエキスカでの汚れ除去

マイクロエキスカ

根管内部は、狭いため通常のドリルでは繊細な処置ができません。そこで使用するのがマイクロエキスカベーターと呼ばれる器具です。耳かきのような器具で、虫歯になった軟化歯質を削ったり、汚れを掻き出したりします。手動ですので時間を要しますが繊細な処置が行えます。

ニッケルチタン製のファイル

ニッケルチタン製のファイル

根管内部の感染物質除去や根管の拡大処置には、ファイルと言う器具を使用します。ファイルも様々な素材や形状がありますが、当院では高い弾力性が特徴の「ニッケルチタンファイル」を採用しています。弾力性があるので湾曲した根管内の先端までしっかりと処置が行えます。

根管洗浄も徹底実施

根管洗浄

マイクロエキスカやファイルを使用して、感染物質を取り除いても完全な無菌化は困難です。根管内は複雑な形状に加え、凹凸も多く器具だけの処置では、汚れを全て取り除けないからです。そこで、汚れを完全除去するのに行うのが「根管内洗浄」です。当院では、一般的な次亜塩素ナトリウムでの殺菌・感染物質溶解を行い、EDTAで削った際のカスや象牙質の小さなキズに入り込んだ細菌などを溶解します。徹底洗浄をすることによって、無菌化の向上と封鎖時の緊密性の向上を図っています。

MTAセメントによる充填

MTAセメント

感染物質を除去した後の空洞には、MTAと言う歯科用セメントを使用して充填します。MTAは、強アルカリ性で高い殺菌効果と硬組織修復作用があるため、根管内の無菌化精度の向上と根管の密封により再発リスクの軽減が可能となります。先進的な充填材でコストがかかるため、日本での普及率は未だ低いですが、当院では患者様の天然歯維持のため導入しております。

精巧な補綴物での仕上げ

精巧な補綴物

根管治療の再発を抑えるためには、精度の高い根管内部の処置に加えて、装着するかぶせ物の精度もとても重要になってきます。当院では再発を抑え、長期維持して頂くために、シリコンでの歯型採取や歯肉圧排(歯と歯茎を、糸を使って一時的に剥離し、歯の際を露出させる)を行い、適合性の高いかぶせ物の作成に努めています。

再発率軽減(根管治療成功)には処置精度と被せ物の精度が重要

根管治療データ

(引用元:HA Ray, 1995, Inter Endod J)

上の表は、歯科業界では広く認知されている根管治療臨床結果を基に算出されたデータです。最終的な根管治療の成功率は、自費・保険での根管治療と自費・保険でのかぶせ物の組み合わせによって、大きく変動すると言う事が分かって頂けると思います。

自費診療での根管治療を推奨します

根管治療の成功率には精度が重要となりますが、保険診療では使用できる機器や薬品などが限られている上に、患者様一人に対して十分な時間の確保が出来ないため、精度の高い治療は困難となり、それに伴い再発率も高くなってしまいます。そのため歯のクリニック東京では、できるだけ自費診療にて精度の高い治療を受診して頂くようおすすめしています。

根管のあらゆるトラブルにも対応

再植術

再植術神経がない歯に多く見られる症状として、歯根にひびがはいったり、割れたりする「歯根破折」があります。

歯根破折になるとひびや隙間から細菌が侵入して、痛みが生じたり、歯茎の腫れなどを引き起こします。一般的には抜歯となる症状ですが、当院では「再植術」によって改善を図ります。破折した歯を意図的に抜歯後、炎症部位などを除去します。

その後、歯科用の接着材で修復して元の位置に戻します。歯の形状や状態にもよりますが、再植術によって抜歯せずに歯を維持する事が可能となります。

歯根端切除術

歯根端切除術根管のトラブルで多く起こる症状として「根尖病変」があります。歯根の先端に膿がたまる症状で強い痛みと歯茎の炎症を伴い、最終的には顎骨まで達して骨を溶かすなど様々なリスクがあります。

根尖病変は通常の根管治療でも改善が難しいため、一般的には抜歯を勧められる事が多い症状ですが、当院では歯肉を開き、病変部分を切除する「歯根端切除術」を実施して、天然歯の維持に努めております。

パーフォレーションリペア

パーフォレーションリペア虫歯が進行して根管の壁に穴が開いたり、治療中の処置で偶発的に根管壁が破壊される事があり、顎骨まで貫通した状態をパーフォレーション(穿孔)と言います。

パーフォレーションが起こると、顎骨への細菌感染や歯周病などと合併しやすくなり、症状が重症化する可能性が高くなります。

このような症状には、通常の根管治療に加えてMTAセメントによるパーフォレーションリペア(穿孔修復)を行い、症状が悪化しないよう対策を行います。※状態によっては再植術と併用して行う事もございます。

精密歯内療法(再植・歯根端切除術等)により抜歯を回避した症例

▼他医院で抜歯と診断された歯を歯根端切除と再植術の併用によって保存した症例をご紹介します。

治療前

治療前

治療後(術後2年経過)

治療後(術後2年経過)

他医院で抜歯と診断された症例でも、的確な診査・診断と抜歯を回避するための知識・術によって歯を保存出来る可能性もございます。

治療期間 2ヶ月
治療回数 3回
治療費 31万円(税別)

他医院で抜歯と診断され紹介でご来院された患者様

初診時の口腔内

こちらの患者様は左上前から2番目の歯の痛みを主訴に他医院に相談され、抜歯してインプラントをした方がよいとの診断のもとで、ご紹介により当院を受診されました。

精密検査の実施

口腔内の状態を見極めるため、レントゲン、CT、視診、触診、マイクロスコープ等の検査を実施。

検査の結果

検査の結果、頭蓋骨が溶けてしまっている原因は

根っこの尖端の形態により根管治療が充分にできていない事

骨の中で歯が割れている事

による根尖性歯周炎と歯根上部に限局した歯根破折と診断しました。

歯根端切除術と再植の併用による歯の保存をご提案

来院時の患者様のご希望はインプラント治療でしたが、診断の結果、顎骨の吸収が著しかったため(赤丸)、造骨を行わないとインプラントが出来ないと判断しました。このような場合には、通常GBRという骨を造る処置を行い、(緑色の部分)に骨が出来た後にインプラント治療を行うことになります。

しかし、今回のケースは患部の骨吸収が非常に大きく、GBRを行ったとしても充分な骨が作られないリスクが高いと考えました。もし、骨が充分に出来ていない状態でインプラント治療を行うと、埋入が出来たとしても、青い矢印のような長い歯(※当院の症例ではありません。)を作らざるを得なくなり、とても成功とは言えない状態になってしまいます。歯根端切除術と再植の併用による歯の保存をご提案そこで、骨吸収の根本的な原因を解消することで骨の再生を促す下記2点のアプローチを行うことにしました。

根っこの尖端の形態により根管治療が充分にできていない事に対しては、原因の歯の尖端を切除してお薬を入れる【歯根端切除術】。

骨の中で歯が割れている事に対しては、割れている部分を骨より上に出すために一度抜歯して歯をお口に戻すときに浅く埋める【意図的再植】。

この2つのアプローチを行うことで、この歯を残し、且つ骨の再生を目指す治療計画として、患者様にご説明し、同意をいただきました。

歯根端切除術と意図的再植の実施

①割れた歯の抜去

割れた歯の抜去

周辺組織を傷つけないように、割れた歯を丁寧に抜去します。

②歯根の抜歯と歯根膜の確認

歯根の抜歯と歯根膜の確認

歯根の周りに付着している歯根膜は、再植した際に歯が生着するための重要な組織のため、剥がさないよう慎重に抜歯します。全周に歯根膜の付着を確認出来ました。

移植ページ>>

③歯根先端の切除・お薬の除去

歯根先端の切除・お薬の除去

頭蓋骨を溶かした原因は複雑な根尖の形態により、充分な根管治療ができない事だったため、原因の根尖を切除。もともと入っていたお薬も感染している可能性が高いので取り除きます。

④MTAセメントで根管充填

MTAセメントで根管充填

殺菌効果の高いMTAというお薬で細菌発生・繁殖の原因となる空間を緊密に封鎖します。※歯根膜は時間の経過とともに死んでいってしまうので、硬化が1番早く、硬化の確認ができるMTAを使用しました。

⑤抜歯窩より膿を摘出

膿の摘出

歯を抜いた穴から、内部に溜まっている膿を掻き出し、綺麗にします。

⑥歯を再植して治療完了

抜歯した歯を再植

歯の割れた部分(上端)が骨より下にあると膿んできてしまうので、少し浮かせた状態で抜歯した歯根を再植しました(①の抜歯前の写真に比べると歯の位置が歯茎の下から上に変わっていることがわかります)今後は歯の生着を待ち、詰め物・被せ物治療で、咬み合わせと見た目を修復します。当院こだわりのつめ物・かぶせ物治療の詳細は以下よりご確認下さい。

審美歯科治療ページ>>

歯根端切除・意図的再植術の実施より2年後の口腔内

▼初診時の口腔内(上)と当院で歯根端切除・意図的再植を実施して2年後(下)のCT画像と口腔内写真です。

初診時と2年後の口腔内

骨が溶けてしまっているところが、骨様組織により回復しているのが分かります。治療から2年後も痛みや動揺などの症状はなく安定しています。一安心です。

もしこの歯が将来的に抜歯になり、インプラント治療が必要になったとしても、今回の治療によって大幅に骨が回復したので、低リスクのGBRによってインプラント治療を行うことができます。

歯も抜かず、頭蓋骨の骨も増えたように見えます。保存を諦めていた歯が存続でき、患者様にもとても喜んでいただけました。今後も注意深く観察し、なにか症状がでたら迅速に対応できるよう、またトラブルが起きないように1番大切な定期的なクリーニングで責任をもって管理していきたいと思います。

歯のクリニック東京では、このように他医院で抜歯と診断された場合にも、診査・診断をしっかり行うことで、患者様の大切な歯を可能な限り存続出来るように努めております。さらに、歯が保存できない場合や将来的なリスクもしっかり考慮した上で、的確・適切な治療を心がけております。他医院で抜歯と診断された方、歯を抜きたくない方で適切な診査・診断をご希望の際にはぜひ、当院までご来院下さい。全ての症例において、必ず歯を保存出来るわけではありませんが、最善の方法をご提案致します。なかなか患者様には伝わりにくいと思いますが、真剣に将来を見据え、ご自身で選択する事が大事だと考えております。

東京八重洲・京橋で再発を抑えた精密根管治療をご検討中の方へ

精密根管治療

天然の歯を長期維持して行くためには、技術、設備を整えた歯科医院での根管治療の受診が必須となります。再発をさせない精度の高い根管治療を受診し、大切な歯の保存に努めましょう。東京八重洲・京橋にて精密根管治療をお望みの際は、ぜひ当院までご相談下さい。

トップへ戻る