歯周病治療|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更し拡大移転開院致しました。

インプラント認定医

日本矯正歯科学会 認定医

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

歯周病治療

歯のクリニック東京が実施するこだわりの歯周病治療

歯周病治療

歯のクリニック東京では、罹患率の高い歯周病に対して一般的な治療をはじめ、様々な取り組みを実施しております。当院が行う歯周病改善へのアプローチをご紹介致します。

歯周病に精通した医師が治療を担当致します

周病に精通した医師

歯のクリニック東京の歯周病治療では、歯周病の知識・技術を備えた日本歯周病学会、日本歯周外科学会所属の医師が担当致します。他医院の歯科医師とスタディグループを結成し、日々技術の向上と研究を行っておりますので、様々な症例に対して、適切な治療のご提供が可能です。患者様の生活習慣や検査結果を基に、数ある治療法の中から最適な処置をご提案致します。歯周病症状を改善されたい方は、ぜひご相談下さい。

歯周病の理解を深めて意識的な予防・改善の啓蒙

予防・改善の啓蒙

歯周病の改善には、生活習慣の改善やセルフケアによる日々の心がけがとても重要です。そのため当院では患者様に歯周病の病状や、悪化する事で生じるリスクなど、しっかり説明を行い、治療に対して協力をして頂くように努めています。歯周病と言う病気をしっかり理解する事で、高い意識を保ったまま、予防や改善に取り組んで頂けます。

定期検診の際に歯周病検査と歯石除去を実施

歯周病検査と歯石除去

歯周病は初期症状の自覚がなく、患者様自身が違和感を感じられる頃には、病状が進行した状態となっている事も少なくありません。このような事を防止するために、当院では定期検診の際に、特殊な器具を使用してブローピング(歯周ポケット測定)を行い、歯周病の有無、症状の進行具合をお調べします。さらに、歯周病の悪化原因となる歯石の除去も同時に行い、早期発見・早期治療に努めています。

歯石の除去には2種類のスケーラーを使用

当院では歯石の除去を効果的、効率的に行うため、短時間で広い範囲の処置が可能な「超音波スケーラー」と、細部や歯間などの繊細な処置が出来る「ハンドスケーラー」を適所で使いわけ、隅々まで徹底した除去を実施してます。

担当歯科衛生士の存在

担当歯科衛生士歯周病治療は他の歯科治療に比べ、私生活も含めた管理や長期的な取り組みが症状の改善には必要です。そのため、患者様の生活習慣の把握や、信頼関係がとても重要となってきます。

歯のクリニック東京では長期的な治療となる歯周病に対して、担当の歯科衛生士が最初から最後まで一貫してサポートを行い、症状改善を目指して治療を進めて行きます。

中度~重度の歯周病に対して実施する精密治療

マイクロスコープを駆使した精密処置

マイクロスコープマイクロスコープは、肉眼のおよそ30倍の拡大視野を得る事ができます。よって歯周ポケットが7~8ミリ以上の深さとなった場合にも、しっかり目で確認を行いながら歯石を取り除けるため、負担を抑えた治療が可能です。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法歯周病症状が進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)を少しずつ溶かして行きます。そのため、支えを失った歯はやがてグラつき不安定な状態となります。歯の動揺が激しいと通常であれば、抜歯と診断され歯を失ってしまいますが、当院では失った歯周組織をエムドゲインと言うタンパク質によって修復する歯周再生療法を実施します。エムドゲインゲルは、歯が生える時に重要な働きをするタンパク質が含まれており、その成分によって歯周組織や骨の再生を促します。

歯周外科治療

歯周外科治療歯周ポケットが深くなり、的確な歯石の除去が困難な場合には、歯周外科治療を実施致します。歯周外科治療とは麻酔処置後に歯肉を切開して、歯根付近に付着している歯石の除去や、感染組織を切除して症状の改善を図る方法です。外科的な処置となりますので、技術が必要となり、患者様の負担も大きくなります。

審美性に配慮した歯周形成手術

歯周病が進行に伴い、歯茎などの軟組織が退縮して歯が長く見えたり、歯茎の隙間が気になったりと審美性の低下が著しい状況には、軟組織の審美修復治療を実施致します。

根面被覆術

根面被覆術

歯周病症状の悪化によって、歯の根元の歯肉が退縮した状態に対して、上顎の内側から採取した歯肉を移植して歯茎の形成を行う方法です。※歯の前面のみの退縮時にしか適応できません。

FGG(遊離歯肉移植術)法

FGG(遊離歯肉移植術)法

歯の周辺に固い歯茎が存在しない状態では、ブラッシングの刺激やお口周りの筋肉の刺激によって、歯肉が退縮し、歯周病症状やインプラント周囲炎を促進するリスクが高くなります。このような症状には、上顎内部の固い歯肉を移植して、歯根やインプラントの安定を行います。

APF(歯肉弁根尖側移動術)法

APF(歯肉弁根尖側移動術)法

深い歯周ポケットを、切除するとその分だけ歯肉が失われます。固い歯肉は、歯茎や歯の健康維持のために重要になるため、感染していない部分を残して根尖側の歯肉と縫合します。縫合した歯肉の治癒によって歯の周辺に健康な歯肉が付着し、歯周ポケットがない正常な状態に戻ります。

東京八重洲・京橋で審美性にも配慮した歯周病治療をお探しの方へ

歯周病治療

当院ではこのように抜歯原因一番の歯周病に対して、確かな技術と先進医療を駆使して患者様の大切な歯をお守りしています。また、ただ症状の改善を行うだけではなく、審美性にも配慮した総合的な治療を実施しています。東京八重洲・京橋で歯周病治療をお探しの方は、歯のクリニック東京までご相談下さい。

トップへ戻る