親知らずの移植症例|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更し致しました。

インプラント認定医

日本矯正歯科学会 認定医

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

親知らずの移植症例

親知らずの移植による咬み合わせの修復治療症例

当院で実施した、親知らずの移植による咬み合わせ修復治療の症例をご紹介します。

親知らずの移植

▲破折により保存不可能な右上奥歯(赤)を抜歯後、左上親知らず(黄色)を移植

移植前

移植前

移植後

移植後

移植は自身の不要な歯(親知らずなど)を活用する方法ですので、人工物を使用した治療に比べ、馴染みがよく、自然な仕上がりになります。

治療期間 6ヶ月
治療回数 6回
治療費 45万円(税別)
リスク 生着しないことがある。通常の歯と同様に歯周病、虫歯、各種歯根吸収の可能性がある。

初診時の口腔内

初診時

右上の奥歯の痛みを訴え、ご来院された患者様。レントゲン、CT、視診、触診、マイクロスコープ、歯髄診等の検査の結果、歯が割れている事が確認できました。

サイナストラクトさらに、歯の破折が原因と思われる瘻孔(サイナストラクト)と呼ばれるオデキができており、抜歯と診断致しました。

抜歯後の修復法として、インプラントをご検討中でしたが、左上に移植が出来そうな親知らずがあったため、「歯牙移植」での治療をご提案。

移植のメリットやリスク、移植が上手く行かなかった際には、インプラントでリカバリーをする旨をお伝えし、患者様から同意をいただきました。

親しらずの移植手術

▼①破折した歯の抜歯

破折した歯の抜歯

まずは、破折した右上奥歯を抜歯します。周辺の組織を傷つけないよう、割れた歯を一つずつ丁寧に抜きます。

▼②移植歯の模型を用いて調整

模型を用いて調整

CTデータと3Dソフトを用いて作成した移植歯の模型を使用し、抜歯した穴に移植する歯がスムーズに収まるよう骨を削って調整します。
※移植する歯を使用すると、生着に重要な「歯根膜」を損傷するリスクがあるため、模型での調整は必須と考えます。

▼③移植する歯(ドナー歯)の抜歯

移植する歯(ドナー歯)の抜歯

移植する親知らずを丁寧に抜歯します。歯根膜もしっかり全周に確認でき、良好な状態です。事前に作製した模型ともほぼサイズは合っています。

▼④移植完了

移植完了

事前の調整、シミュレーションによって、スムーズな移植手術が出来ました。移植した歯が安定するよう、しっかり固定します。

矯正治療と根管治療で最終仕上げ

▼矯正治療

破折した歯の抜歯

手術患部の状態が落ち着いた後、矯正治療を行い、適切な場所へ歯を移動すると共に、歯根膜の活性を図ります。

▼根管治療

根管治療

手術から2週間後、移植に伴う炎症性吸収により、歯根が溶けるのを防ぐため、マイクロスコープなど使用した精密根管治療を開始、経過を見ながら1か月後に治療が終了しました。

精密根管治療の詳細はこちら>>

治療完了

治療完了

根管治療後、移植した歯の形態を整え、治療完了です。移植した親知らずの状態も良く、治療前にあった瘻孔(サイナストラクト)も消失しました。患者様も以前と変わらず、快適な咀嚼ができる事に大変満足しておられました。

当院では歯を失った際、歯牙移植が可能な場合にはインプラントや入れ歯に加え、移植での咬み合わせ回復も積極的にご提案しております。人工物(入れ歯・インプラントなど)を使用した治療に抵抗がある方、抜歯後の修復法で迷っておられる方はぜひ、歯のクリニック東京にご相談下さい。可能な限り、患者様のご要望に沿った治療をご提案致します。

トップへ戻る