断髄、VPT(バイタルパルプセラピー)解説|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

新型コロナウイルス対策について

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更致しました。

インプラント認定医

極力歯を抜かない治療

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

診療内容についての電話での問い合わせは誤解を招く可能性があるため、ご遠慮ください。

断髄、VPT(バイタルパルプセラピー)解説

歯の神経を抜かずに残すバイタルパルプセラピー(断髄法)について

バイタルパルプセラピー(断髄法)

虫歯が進行し、歯の内部にある神経にまで達した場合、感染が広がる前に神経を全て取り除くこと(抜髄)が一般的です。しかし近年では、バイタルパルプセラピー(断髄法)という治療法が確立され、ズキズキと痛む深い虫歯であっても、状態によっては部分的に神経を残すことができるようになりました。神経を全て取り除いた歯は脆くなり、将来的な抜歯リスクを高めてしまうことになるため、神経を少しでも残せることで歯の寿命を延ばすことができます。​

1965年Dr.KAKEHASHI Sは細菌感染がなければ歯髄(歯の神経)は壊死しないという発見を報告しました。 この報告が近代、歯の根の治療(細菌除去)をすることで歯を保存できるようになった原点です。

バイタルパルプセラピー(断髄法)

更に近年、Dr.Domenico Ricucciにより初期の歯髄(歯の神経)への細菌感染は限定的であるという事が示唆されたことにより、近年臨床の場で多くの神経を残すことができるようになりました。 素晴らしいことです。(日本の保険治療ではその項目すらありません。)

バイタルパルプセラピー(断髄法)の成功に必要不可欠なポイント

ラバーダム

ラバーダムというゴムシート(青)を用いて、歯を唾液や血液、呼気から隔離し、無菌環境下で治療を行う事。

マイクロスコープ

マイクロスコープ(顕微鏡)で治療患部を拡大し、確実に見える環境下で治療を行う事。
(※肉眼治療では不可能です)

虫歯が神経に達した歯の状態と処置方法の判断について

虫歯が神経に達した歯の状態と実際に当院が行った処置(断髄・抜髄)についてご紹介します。

歯髄(歯の神経)が生きている可能性の高い断面例

歯髄(歯の神経)が生きている可能性の高い断面例

この例では神経断面の毛細血管が確認できます。これは神経が生きている可能性が高いです。そのため、バイタルパルプセラピー(断髄法)を実施し、歯髄を温存しました。

この症例の詳細はこちら>>

歯髄(歯の神経)が壊死している可能性の高い断面例

歯髄(歯の神経)が壊死している可能性の高い断面例

(真ん中左の画像)エアーをかけると壁から剥がれる。(真ん中右の画像)歯髄からの出血はなく周囲から血が湧きでています。これは神経が生きていない可能性が高いです。無駄なコストがかからない様に神経を除去(抜髄)しました。

同じ歯で歯髄(歯の神経)が生きている可能性の高い断面と壊死している可能性の高い断面例

同じ歯で歯髄(歯の神経)が生きている可能性の高い断面と壊死している可能性の高い断面例

出血のある上の断面は神経が生きている可能性があると判断し、バイタルパルプセラピー(断髄法)で歯髄温存、出血のない下の2つの断面は壊死している可能性が高いと判断し、神経を除去(抜髄)しました。

この症例の詳細はこちら>>

歯髄(歯の神経)の生死判断が難しかったが経過は良好な断面例

歯髄(歯の神経)の生死判断が難しかったが経過は良好な断面例

この例では出血は確認できますが、神経断面に毛細血管が確認できません。神経の生死判断に迷ったので、保存の可能性を期待してバイタルパルプセラピー(断髄法)にて歯髄を温存しました。経過良好です。

この症例の詳細はこちら>>

歯髄(歯の神経)の生死判断が難しく結果的に歯髄壊死が確認された断面例

歯髄(歯の神経)の生死判断が難しく結果的に歯髄壊死が確認された断面例

出血は確認できますが、神経断面に毛細血管が確認できません。神経の生死判断に迷ったので可能性を期待してバイタルパルプセラピー(断髄法)にて歯髄を温存しました。しかし、残念ながら半年後にエックス線像と症状によって壊死を確認しました。その後は壊死した神経をしっかり除去し、根管治療でリカバリーしました。経過良好です。

トップへ戻る