精密歯内療法(再植・歯根端切除術等)による歯の保存症例|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

新型コロナウイルス対策について

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更致しました。

インプラント認定医

極力歯を抜かない治療

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

診療内容についての電話での問い合わせは誤解を招く可能性があるため、ご遠慮ください。

精密歯内療法(再植・歯根端切除術等)による歯の保存症例

精密歯内療法(再植・歯根端切除術等)により抜歯を回避した症例

▼他医院で抜歯と診断された歯を歯根端切除と再植術の併用によって保存した症例をご紹介します。

治療前

治療前

治療後(術後2年経過)

治療後(術後2年経過)

他医院で抜歯と診断された症例でも、的確な診査・診断と抜歯を回避するための知識・術によって歯を保存出来る可能性もございます。

他医院で抜歯と診断され紹介でご来院された患者様

初診時の口腔内

こちらの患者様は左上前から2番目の歯の痛みを主訴に他医院に相談され、抜歯してインプラントをした方がよいとの診断のもとで、ご紹介により当院を受診されました。

精密検査の実施

口腔内の状態を見極めるため、レントゲン、CT、視診、触診、マイクロスコープ等の検査を実施。

検査の結果

検査の結果、頭蓋骨が溶けてしまっている原因は

根っこの尖端の形態により根管治療が充分にできていない事

骨の中で歯が割れている事

による根尖性歯周炎と歯根上部に限局した歯根破折と診断しました。

歯根端切除術と再植の併用による歯の保存をご提案

来院時の患者様のご希望はインプラント治療でしたが、診断の結果、顎骨の吸収が著しかったため(赤丸)、造骨を行わないとインプラントが出来ないと判断しました。このような場合には、通常GBRという骨を造る処置を行い、(緑色の部分)に骨が出来た後にインプラント治療を行うことになります。

しかし、今回のケースは患部の骨吸収が非常に大きく、GBRを行ったとしても充分な骨が作られないリスクが高いと考えました。もし、骨が充分に出来ていない状態でインプラント治療を行うと、埋入が出来たとしても、青い矢印のような長い歯(※当院の症例ではありません。)を作らざるを得なくなり、とても成功とは言えない状態になってしまいます。歯根端切除術と再植の併用による歯の保存をご提案そこで、骨吸収の根本的な原因を解消することで骨の再生を促す下記2点のアプローチを行うことにしました。

根っこの尖端の形態により根管治療が充分にできていない事に対しては、原因の歯の尖端を切除してお薬を入れる【歯根端切除術】。

骨の中で歯が割れている事に対しては、割れている部分を骨より上に出すために一度抜歯して歯をお口に戻すときに浅く埋める【意図的再植】。

この2つのアプローチを行うことで、この歯を残し、且つ骨の再生を目指す治療計画として、患者様にご説明し、同意をいただきました。

歯根端切除術と意図的再植の実施

①割れた歯の抜去

割れた歯の抜去

周辺組織を傷つけないように、割れた歯を丁寧に抜去します。

②歯根の抜歯と歯根膜の確認

歯根の抜歯と歯根膜の確認

歯根の周りに付着している歯根膜は、再植した際に歯が生着するための重要な組織のため、剥がさないよう慎重に抜歯します。全周に歯根膜の付着を確認出来ました。

移植ページ>>

③歯根先端の切除・お薬の除去

歯根先端の切除・お薬の除去

頭蓋骨を溶かした原因は複雑な根尖の形態により、充分な根管治療ができない事だったため、原因の根尖を切除。もともと入っていたお薬も感染している可能性が高いので取り除きます。

④MTAセメントで根管充填

MTAセメントで根管充填

殺菌効果の高いMTAというお薬で細菌発生・繁殖の原因となる空間を緊密に封鎖します。※歯根膜は時間の経過とともに死んでいってしまうので、硬化が1番早く、硬化の確認ができるMTAを使用しました。

⑤抜歯窩より膿を摘出

膿の摘出

歯を抜いた穴から、内部に溜まっている膿を掻き出し、綺麗にします。

⑥歯を再植して治療完了

抜歯した歯を再植

歯の割れた部分(上端)が骨より下にあると膿んできてしまうので、少し浮かせた状態で抜歯した歯根を再植しました(①の抜歯前の写真に比べると歯の位置が歯茎の下から上に変わっていることがわかります)今後は歯の生着を待ち、詰め物・被せ物治療で、咬み合わせと見た目を修復します。当院こだわりのつめ物・かぶせ物治療の詳細は以下よりご確認下さい。

審美歯科治療ページ>>

歯根端切除・意図的再植術の実施より2年後の口腔内

▼初診時の口腔内(上)と当院で歯根端切除・意図的再植を実施して2年後(下)のCT画像と口腔内写真です。

初診時と2年後の口腔内

骨が溶けてしまっているところが、骨様組織により回復しているのが分かります。治療から2年後も痛みや動揺などの症状はなく安定しています。一安心です。

もしこの歯が将来的に抜歯になり、インプラント治療が必要になったとしても、今回の治療によって大幅に骨が回復したので、低リスクのGBRによってインプラント治療を行うことができます。

歯も抜かず、頭蓋骨の骨も増えたように見えます。保存を諦めていた歯が存続でき、患者様にもとても喜んでいただけました。今後も注意深く観察し、なにか症状がでたら迅速に対応できるよう、またトラブルが起きないように1番大切な定期的なクリーニングで責任をもって管理していきたいと思います。

歯のクリニック東京では、このように他医院で抜歯と診断された場合にも、診査・診断をしっかり行うことで、患者様の大切な歯を可能な限り存続出来るように努めております。さらに、歯が保存できない場合や将来的なリスクもしっかり考慮した上で、的確・適切な治療を心がけております。他医院で抜歯と診断された方、歯を抜きたくない方で適切な診査・診断をご希望の際にはぜひ、当院までご来院下さい。全ての症例において、必ず歯を保存出来るわけではありませんが、最善の方法をご提案致します。なかなか患者様には伝わりにくいと思いますが、真剣に将来を見据え、ご自身で選択する事が大事だと考えております。

治療期間 2ヶ月
治療回数 3回
治療費 341,000円(税込)
リスク・注意点 ・治療後に再発する可能性がある。
・外科処置となるため、一般的な治療に比べて負担が大きくなります。

この症例の担当者のご紹介

トップへ戻る