精密治療・精密診断|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更し拡大移転開院致しました。

インプラント認定医

日本矯正歯科学会 認定医

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

精密治療・精密診断

精密機器を駆使した検査・治療にこだわり

精密機器

歯のクリニック東京では、精密機器を用いた治療・検査に力を入れております。疾患原因の特定によって治療の方針や方法が決まるため、事前の検査・診断はとても重要です。誤った診断をしてしまえば、技術があっても適切な治療の実施が出来ません。また、適切な診断が出来たとしても、治療の精度が見合ってなければ再発リスクが高まるなどの問題が生じます。そのため当院では、精密機器を用いて検査・治療の精度向上に努めております。当院が実施する精密治療をご紹介致します。

精密診断を可能にする2つ精密機器

マイクロスコープ

マイクロスコープ

歯科顕微鏡とも呼ばれる肉眼のおよそ30倍の拡大視野を得る事ができる精密機器です。歯科治療において、暗くて小さい歯の内部をしっかり確認する事が可能となります。目で確認が行えない状態では、正確な診断は行なえません。マイクロスコープは、虫歯、歯周病の状況を的確に診断するために必要な機器と言えます。

歯科用CT

歯科用CT

根尖病変の発見や、インプラント治療での骨量、神経、血管の正確な位置関係、親知らずの難抜歯における事前検査など、レントゲンでは把握不可能な情報を3次元画像で得る事ができる精密機器となります。特に口腔外科では、一つのミスが重大な事に繋がり兼ねませんので、事前に把握する事で様々なリスクを回避する事が可能となります。

精密治療にこだわった取り組み

精密診断後、実際に治療に移行した際にも、精度の高い処置にこだわって治療を実施しています。

極細バーで精度の高い切削処置

極細バー

当院では歯を削る処置の際に、通常よりも細いバーを使用して歯を削っています。一度に削れる範囲が小さくなり、時間はかかりますが疾患部位だけを的確に除去する事で精度の向上に努めております。さらに、最終的な切削にはドリルを使用せずに、マイクロエキスカと言う器具を使用して、健康な歯質を少しでも多く残すため、手動での処置を実施しています。

3D光学スキャナーitero

itero

当院ではマウスピース型の矯正を行う際、3D光学スキャナー「itero」を導入して、精度の高い印象を実施しております。従来のシリコン材での印象に比べ、より早く正確な歯型を採取することが可能となり、歯型の取り直しなども軽減されます。さらに、データを送ってマウスピースを作製可能なため、治療開始までの時間も短縮する事ができます。

被せものの精度向上

被せもの

歯の修復治療で被せ物を作製する際には、審美性だけでなく長期維持を可能にするための精度にこだわっています。歯と歯肉の間に特殊な糸によって圧力をかけ、一時的に剥離させる「歯肉圧排」を行い、歯の際までしっかりと歯型を採取する事で、より適合性の高い被せ物の作製に努めております。さらに、印象材には型ずれが起きにくいシリコンを採用しています。

マイクロスコープを使用した治療

マイクロスコープ

マイクロスコープは、診断だけでなく精密な治療を実施する際にも必須といえます。マイクロスコープを使用して視野を拡大する事によって、見えづらい小さな患部も、適切な処置が行えるようになります。当院では特に根管治療や歯周ポケット内部の歯石除去にマイクロスコープを用いた精密治療を実施して、処置精度の向上に努めています。

マイクロスコープ越しに見える世界

マイクロスコープ越し

こちらは、肉眼とマイクロスコープを通して見た1000円札の比較画像です。どうでしょうか?肉眼では普通の線に見える部分も、よく見てみると実は文字の羅列です。さらに、この画像は明るい状態での画像ですが、治療を行う際のお口は暗く視界が悪い状態です。光を当てて、拡大視野を獲得出来るマイクロスコープの必要性が、十分お分かりいただける事と思います。

精密診断、精密治療をお望みの方はぜひ当院へご相談下さい

精密診断、精密治療

このように歯のクリニック東京では、適切な診断が行える精密機器での診断・検査にこだわって治療に取り組んでおります。歯科治療において、マイクロスコープや歯科用CTを使用してマイナスな事は何一つなく、治療精度向上には必要不可欠な機器です。東京八重洲・京橋で精度にこだわった診断・治療を実施している歯科医院をお探しの方は当院までご相談下さい。

トップへ戻る