痛みに配慮した処置|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更し致しました。

インプラント認定医

日本矯正歯科学会 認定医

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

痛みに配慮した処置

治療に専念して頂けるように痛み・不安の緩和に努めています

痛み・不安の緩和

歯のクリニック東京では、歯科治療に伴う痛みや恐怖と言った不安要素を出来るだけ緩和して、患者様が治療に専念して頂けるように様々な工夫を凝らしております。当院が実施する負担軽減のための取り組みをご紹介致します。

麻酔注射に伴う痛みへの対策

歯科治療において痛みの代名詞として有名な麻酔注射ですが、当院ではほとんど無痛に近い状態で受けて頂けるように工夫を行っております。

麻酔液の温度調節によって痛みを軽減

麻酔液の温度

麻酔液は冷蔵保存をしているため、温度が低くなっています。このまま使用すると体温との差が大きく、周辺組織が拒否反応を起こして痛みが強く出る事があります。当院では、出来るだけ体温との温度差が生じないように、専用のウォーマーで人肌に温めた状態で使用しています。

超極細針(33G)の使用

極細の注射針

麻酔注射の痛みは、針の細さも大きく関係してきます。当院が採用している針は、現在歯科治療で使用可能な針の中で一番細い超極細針となります。粘膜に刺さる感覚を最小限に抑えた注射を実施しています。

電動麻酔で一定注入

電動麻酔

麻酔液を注入する速度にもこだわって処置を実施しています。電動の麻酔注射器を使用する事で一定の圧力での注入を可能し、加圧のムラによる痛みを抑えた麻酔を行っています。

塗る麻酔で感覚を鈍くする

塗る麻酔

針を打つ患部には、事前に塗るタイプの麻酔を施して感覚を麻痺させます。表面麻酔を行う事で針が粘膜に刺さる瞬間のチクっとした痛みを和らげ、ほとんど痛みを感じる事なく処置が可能となります。

SYRIJETによる歯肉内麻酔

SYRIJET当院では、上記の麻酔注射緩和の処置に加え、SYRIJETと言う針のない麻酔注射も準備しています。SYRIJETはバネの力を利用して、歯肉内部に麻酔液を注入する麻酔器です。この器具を使用する事で針が粘膜内部に入った瞬間の痛みもほとんど感じるなく、麻酔を行えます。

※カチンと言う音でびっくりする方も居たり、中には反射的に痛みと錯覚される方もいますが、ほとんど痛みなく処置が可能ですのでご安心下さい。

当院の麻酔注射の手順

この3段階の麻酔によってほとんど痛みを感じる事なく、治療を終えて頂く事が可能です。

精神的負担の緩和への対策

歯科治療において、不安や極度の緊張も痛みを強く感じる一因として重要となります。当院では、治療中の痛みの緩和に加え、精神的な負担の緩和にも配慮しております。

5倍速コントラで不快な音を抑える

5倍速コントラ

当院では治療時に使用するタービン(ドリル)の回転を5倍速にする器具を採用しています。早く回転する事でドリル特有の不快な音を抑える事ができ、患者様に不安や不快感を与えないように配慮しています。さらに、手ブレも軽減され、より正確な処置が可能となります。

麻酔専門医による静脈内鎮静法

静脈内鎮静

インプラントや難易度の高い親知らずの抜歯などを行う際には、不安や恐怖を強く感じ、通常の麻酔の効果が弱まる事がございます。そのような場合には、麻酔専門医による静脈内鎮静法をご用意しておりますのでご安心下さい。うたた寝の状態で、痛みや不安、恐怖を感じる事なく治療を終えて頂けます。

東京八重洲・京橋で痛みや不安に配慮した歯科治療をお探しの方へ

痛みや不安に配慮した歯科治療

歯のクリニック東京では、痛みや不安などの心身的負担をできるだけ緩和し、患者様に治療に専念して頂けるよう努めております。東京八重洲・京橋で負担を抑えた治療をご希望の方は、ぜひ当院へご相談下さい。

トップへ戻る