根管内破折器具を除去した症例②|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

新型コロナウイルス対策について

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更致しました。

インプラント認定医

日本矯正歯科学会 認定医

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

診療内容についての電話での問い合わせは誤解を招く可能性があるため、ご遠慮ください。

根管内破折器具を除去した症例②

根管内の破折器具を除去して歯を保存した症例

他院で根の治療中に針状の器具が折れてしまい、抜歯と言われたので器具をとって根の治療をしてほしいと来院された患者さまです。

ファイル治療中、針状の器具が折れることはありますが、使用しなければ抜歯になってしまうので折れるリスクがあっても、患者さまの為に使用します。

折れてしまった場合、その先の細菌を除去できないために抜歯せざるをえなくなる事があります。

今回はマイクロスコープ(顕微鏡)を用いて、その針状の器具を除去し、針の先の根の治療を完了した症例をご紹介します。

根管内の破折器具を除去して歯を保存した症例

①治療前のレントゲン写真です。折れては挟まっている針状の器具が確認できます。

根管内の破折器具を除去して歯を保存した症例②被せ物を取り除くと、破折器具の上部が見えました。

根管内の破折器具を除去して歯を保存した症例

③超音波チップで、挟まっている器具の周囲に空間をつくって揺らします。

根管内の破折器具を除去して歯を保存した症例

④尖端にループのついた破折器具除去用の釣り竿のような器具で、針を捉えます。

根管内の破折器具を除去して歯を保存した症例

⑤破折した針状の器具が取れました。ループに捉えられています。

根管内の破折器具を除去して歯を保存した症例

⑥破折器具を除去後は、根の中を徹底的に洗浄し、保険治療では使用できないMTAという細菌殺菌効果があり、封鎖性の優れた材料でしっかり密閉しました。

破折器具を取り除き、根管治療をしっかり行うことができたため、この歯は抜歯をまぬがれ保存することができました。

年齢・性別
治療期間 1日
治療回数 1回
治療費 破折器具の除去 77,000円(税込)
精密根管治療 275,000円(税込)
リスク 破折器具が取れないことがある。
破折器具が取れた場合でも、根管治療の質が悪いと抜歯になる。

この症例の担当者のご紹介

トップへ戻る