断髄法(神経一部保存)の症例|八重洲・京橋の歯医者|歯のクリニック東京

新型コロナウイルス対策について

拡大移転開業に伴い、2019年6月より医院名を新橋虎ノ門デンタルクリニックから 「歯のクリニック 東京」に変更致しました。

インプラント認定医

日本矯正歯科学会 認定医

予防専用ルーム完備

マイクロスコープ完備

可能な限り拔かない治療

ネット予約

03-5512-0648

東京都中央区京橋1丁目2−4 YNB 7F

断髄法(神経一部保存)の症例

バイタルパルプセラピー(断髄法)で神経の一部を保存した症例

虫歯が重症化して細菌が歯の神経に感染した場合、歯を抜歯から守るために現在でも殆どの医院では根管治療によって神経を全て取り除きます。
(保険適用の根管治療の場合、その後10年で約80%が再発するというデータがあり、根尖病変などの症状によって抜歯、又は抜歯に近い状態になります。)

根管治療(歯の神経の治療)の詳細はこちら>>

リクッチのエンドドントロジーしかし近年、細菌感染は限局的であることが判明し、神経の一部を保存する治療法(バイタルパルプセラピー)なども少しずつ行われるようになりました。

当院でも感染している神経のみを取り除き、感染をしていない正常な神経を少しでも残すことにより、将来的に抜歯に至る歯を救える事が非常に多くなってきました。

以下では、当院が実施したバイタルパルプセラピー(断髄法)によって、神経の一部を保存した症例をご紹介いたします。

バイタルパルプセラピー(断髄法)の実施

う蝕検知液

虫歯感染歯質に着色するう蝕検知液を用いて、丁寧に虫歯部分のみを取り除きます。
※赤い部分が虫歯が残っているところです。

神経の露出

マイクロスコープを使用して、拡大視野下で歯を削っていくと、神経の露出が確認できました。

神経の状態を強拡大下で確認

感染している神経のみを綺麗に取り除き、取り残しや生きている神経の状態を強拡大下で確認します。

歯の内部の計測

棒状のメジャーで充填材の厚みをしっかり確保できることを確認します。

MTA充填

治療後の再感染を防ぐため、MTAという封鎖性のよい材料で処置患部を充填します。

セメントで封鎖

接着性が強く、歯を強くする成分を含むセメントを用いて、MTAの上から封鎖します。

歯の形態を修復して治療完了

ダイレクトボンディング

セメントで封鎖した部分の表層を白い歯科用樹脂で覆い、歯を修復します。

ダイレクトボンディング

修復した表面に段差があると虫歯、歯周病の温床になるため、拡大視野の下で細部の調整を徹底します。修復した部分が分からない程、スムースな表面を形成できました。

治療前

治療前

治療前に撮影したレントゲン写真です。赤い矢印のところに虫歯が確認できます。

治療直後

治療直後

感染していた神経のみをとり、大半の神経が残っています。(矢印下の白い部分が神経を取り除いた部分)

3年後

3年後

電気テスト、コールドテストで神経が生きている事が確認できました。また、神経が死んでいると出現する歯の根の尖端の黒いレントゲン像も見受けられません。

通常であれば、神経をすべて取り除く症例でしたがバイタルパルプセラピー(断髄法)によって、神経を一部保存することができました。

※すべての症例で神経を保存できるわけではありませんが、少しでも保存できる可能性がある場合にはバイタルパルプセラピー(断髄法)をご提案いたします。

治療期間 1日
治療回数 1回
治療費 神経治療:15万(税別)
かぶせ物:10万(税別)
リスク・注意点 細菌対策などをしっかり行わないと再発する可能性があります。
神経の状態によっては保存が難しい場合もあります。

この症例の担当者のご紹介

トップへ戻る